(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/国語/漢字指導/4学年/向山式漢字習得システム/向山型漢字

TOSSランド



富山県 笹谷 和生


向山式漢字習得システムでクラス平均90点以上達成


6月に行った漢字10問テストで、初めてクラス平均90点を突破した。
31名中100点が23名で、平均94.8点だった。
その秘密は、「向山式漢字習得システム」である。本HPはその追試報告である。




 4月から初任者として4年生を担任している。4月当初、3年生の漢字の復習テストをした。結果は、クラス平均65点であった。満点はおらず、5点〜10点の子が5名いた。  そこで、授業の5〜10分間を漢字の時間として、向山式漢字習得システムを追試した。

A 新しい漢字を覚えるまでの方法
B 子どもが自分から挑戦してくるテスト
Aについて
 1段階 指書き
 2段階 なぞり書き
 3段階 写し書き
Bについて
 A できなかった問題だけをさせる。
 B できたことをはっきり確認してやる
                                  引用:教え方のプロ・向山洋一全集35 『向山型漢字・言語指導』(明治図書)

@ 指書き
 指書きでは、筆順を見ながら指で机に書く。この時、筆順を声に出して数えながら書く。筆順を見ないで書けるようになるまで練習する。
A なぞり書き
 指書きができるようになったら、薄く書いてある漢字を鉛筆で丁寧になぞる。1mmもはみ出さないようになぞる。はみ出している場合はやり直しをさせる。
B 写し書き
 なぞり書きをしたら、その下の白いマスにお手本のように写して書く。
 この他に、1番下の段を何も見ないで書く「一人書き」や、念を入れるために指で空中に書く「空書き」をして確認した。
 4月当初、指書きを1回、2回しただけですぐに「もう覚えたよ。」と言って止めてしまう子どもがいた。
 そこで、「指書き10回」と目安を示したり、「目をつぶっても書けるようになるんですよ。」や、「まぶたの裏に漢字が浮かび上がってくるくらいかくのですよ。」と指示したりした。
 そうすることで、何度も練習する子が増えた。
 漢字は、5日間のサイクルで学習を進めている。
 1日目、2日目は新出漢字の練習。
 3日目はテスト練習。
 4日目はプレテスト。
 5日目にテストをして、間違った漢字だけ再テストをする。

 学力保障するためには、「授業」の技術、技能が必要である。
 すぐれた方法を学び、身につける修練が必要だ。
                                         引用:『基礎学力を保障する向山式学習システム』(明治図書)

 4月、5月はクラス平均85点台であった。
 しかし、6月になり、それまで5点、10点だった子が80点、90点を取れるようになってきた。
 そしてついに、クラス平均が90点を突破した。
 初任者でも、向山式の学習システムを追試することで、基礎学力の保障ができるのではないかと感じた。
 これからも、学び続けていきたい。


このページの問い合わせ先kazuosasatani@yahoo.co.jp (笹谷 和生)